Top >  普通養老保険とは >  普通養老保険を考える。様々な保険会社を知る!

普通養老保険を考える。様々な保険会社を知る!

普通養老保険とは、かんぽ生命の養老保険商品のひとつで、新フリープランという商品があります。


普通養老保険新フリープランとは、加入年齢が0歳~70歳までで、
保険期間も10年から最長30年まで、保険金額は15歳未満100万円~700万円、
16歳以上100万円~1000万円までと、とても自由度の高い養老保険です。

また、普通養老保険新フリープランには、
災害特約の付加、障害入院特約、疾病入院特約、疾病障害入院特約の3つのうちから
いずれか2つまでの特約を付加することもできます。

普通養老保険新フリープランは、0歳からの加入が可能であるため、
ライフステージにあわせて、金額や期間を自由に決められ、
たとえば、お子さんであれば、中学入学時、高校入学時、大学入学時、
成人式などにあわせて保険期間を定め、その期間まで貯蓄と保障の両方を得ることができます。

かんぽ生命の学資保険は、15歳満期、18歳満期など、ある程度満期の年齢が決まっていますが、
普通養老保険新フリープランの場合は加入時の年齢によって、
自由に満期を選べるというメリットがあります。

普通養老保険新フリープランは、10年単位で最長30年加入できるため、
何度かに分けて加入することもでき、満期時を迎えたときに継続することもできます。

年齢が低いうちに加入できることで、掛け金が少なくてすむというメリットもあります、
加入年齢や保険金額によっては、ほかの保険と組み合わせて保障することもでき、
普通養老保険新フリープランに特約をつけ保障を手厚くすることもできます。


↓↓その他のお勧め保険プランはこちら↓↓

太陽生命『My年金』
太陽生命の保険は一生涯の医療保障を死亡時の保障にプラスした入院から万一の場合まで幅広くカバーします。 (以下のプランは35歳男性の場合)
商品名 月額支払い 期間 受取年金総額 商品特徴
9,850 円 65 才 約575 万円 老後の資金を充実した価格で集めたい人へ。





その他養老保険,普通養老保険,かんぽ生命,新フリープラン,年齢の情報

郵便局の養老保険にはどういうプランがあるの?
郵便局の養老保険には、万が一のときの保障と、貯蓄を兼ねているという特徴があります。

JAの養老保険にはどういうプランがあるの?
JAの養老保険には、養老生命共済と、一時払生存型養老生命共済があります。

養老保険にはどのような種類があるの?
保険会社各社から、さまざまな特徴を持った養老保険が販売されています、
具体的にどのような種類の養老保険があるのでしょうか。

一時払い養老保険とはどういうもの?
養老保険は、死亡時に受け取る死亡保険金と、
満期時に受け取る満期保険金が同額という保険で、予定利率によっては、
支払う保険金よりも満期保険金が多いこともあります。

定期付養老保険とはどういったものなの??特約プランとは
定期付養老保険とは、養老保険と定期保険を組み合わせた保険で、
保険商品によってさまざまな特徴があります。

特別養老保険とはどういう事を言うの??
特別養老保険とは、かんぽ生命の養老保険商品のひとつです、
特別養老保険は、新フリープラン2倍型、新フリープラン5倍型、
新フリープラン10倍型の3つの商品があります。

特定養老保険って一体何??基準を知ろう
特定養老保険とは、かんぽ生命の養老保険商品のひとつで、新一病壮健プランという商品があります。

たくさんある養老保険を比較するには?
養老保険には、さまざまな特徴をもつ養老保険があります、
たとえば、利差配当を受け取ることができる貯蓄の要素もあわせもつ養老保険や、
特定疾患を患っている人でも加入できる養老保険など、
数多くの養老保険商品が、各保険会社などから発売されています。

養老保険を解約すべきかどうか悩んだら
現在加入中の養老保険を解約しようかどうか悩んだとき、
何をポイントに解約すべきか継続すべきかを決めればよいのでしょうか?

養老保険に加入するメリットは?
養老保険に加入する一番のメリットは、
保険の満期時に、死亡保険金と同額の満期保証金を必ず受け取ることができるということです。

養老保険に加入した時のデメリットは?
養老保険に加入した時のデメリットは、保険の形態が終身保険ではないため、
一定期間以上の保障を得られていないという点が挙げられます。


普通養老保険とは

養老保険の普通養老保険って他の養老保険とどこが違うの?分かりやすく教えて欲しい!

関連エントリー

普通養老保険を考える。様々な保険会社を知る!