Top >  メリットを知ろう >  養老保険に加入するメリットは?

養老保険に加入するメリットは?

養老保険に加入する一番のメリットは、
保険の満期時に、死亡保険金と同額の満期保証金を必ず受け取ることができるということです。


月々に支払う保険料の金額は、各保険会社が決めた予定利率によって決まります、
予定利率とは、それぞれの保険会社が保険契約者に対して、定める運用利回りのことをいいます。

予定利率が高ければ高いほど、契約者には保険料が割り引かれるというメリットがあります。

養老保険は、加入時期や予定利率によっては、
かなり高利率で貯蓄するのと同様のメリットがあるため、
貯蓄に万が一のときの保障もプラスされた養老保険は、
かなりメリットのある保険として人気があります。

現在の予定利率はあまり高くありませんが、
かつては、予定利率を見て一時払することで、払い込む保険料よりも受け取る保険料が多いこともあり、
一時払養老保険が、保険としてではなく、金融商品としてのニーズが高かった時代もありました。

予定金利は低くなりましたが、最近では、
養老保険の種類も増え、特約で保障を増やせる養老保険や、
今まではなかなか保険の加入が難しかった、糖尿病や高血圧症の人や、
がんなどにかかったことのある人でも加入できる養老保険も増えてきました。

最近の社会情勢では、養老保険の加入で大幅な利殖は期待できないものの、
満期時に死亡保険金と同額の満期保険金が支払われるというメリットは大きく、
特約やほかの保険などを組み合わせて養老保険に加入する人も多く見られます。


↓↓その他のお勧め保険プランはこちら↓↓


東京海上日動あんしん生命『個人年金保険』
東京海上日動あんしん生命は、ミレアグループの一員として、明日への大きな「あんしん」をお届けします。(以下のプランは35歳男性の場合)
商品名 月額支払い 期間 受取年金総額 商品特徴
10,000 円 60 才 4,293,700 円 10年間毎に決まった年金と、5年毎に配当金をもらえます。
死亡保障付の安心プラン

万が一の時は心配りが細かく安心感のある葬儀社にお任せするのが一番です。

葬儀のご依頼は「平安祭典」へ



その他養老保険,メリット,死亡保険金,満期保証金,予定利率の情報

郵便局の養老保険にはどういうプランがあるの?
郵便局の養老保険には、万が一のときの保障と、貯蓄を兼ねているという特徴があります。

JAの養老保険にはどういうプランがあるの?
JAの養老保険には、養老生命共済と、一時払生存型養老生命共済があります。

養老保険にはどのような種類があるの?
保険会社各社から、さまざまな特徴を持った養老保険が販売されています、
具体的にどのような種類の養老保険があるのでしょうか。

一時払い養老保険とはどういうもの?
養老保険は、死亡時に受け取る死亡保険金と、
満期時に受け取る満期保険金が同額という保険で、予定利率によっては、
支払う保険金よりも満期保険金が多いこともあります。

定期付養老保険とはどういったものなの??特約プランとは
定期付養老保険とは、養老保険と定期保険を組み合わせた保険で、
保険商品によってさまざまな特徴があります。

普通養老保険を考える。様々な保険会社を知る!
普通養老保険とは、かんぽ生命の養老保険商品のひとつで、新フリープランという商品があります。

特別養老保険とはどういう事を言うの??
特別養老保険とは、かんぽ生命の養老保険商品のひとつです、
特別養老保険は、新フリープラン2倍型、新フリープラン5倍型、
新フリープラン10倍型の3つの商品があります。

特定養老保険って一体何??基準を知ろう
特定養老保険とは、かんぽ生命の養老保険商品のひとつで、新一病壮健プランという商品があります。

たくさんある養老保険を比較するには?
養老保険には、さまざまな特徴をもつ養老保険があります、
たとえば、利差配当を受け取ることができる貯蓄の要素もあわせもつ養老保険や、
特定疾患を患っている人でも加入できる養老保険など、
数多くの養老保険商品が、各保険会社などから発売されています。

養老保険を解約すべきかどうか悩んだら
現在加入中の養老保険を解約しようかどうか悩んだとき、
何をポイントに解約すべきか継続すべきかを決めればよいのでしょうか?

養老保険に加入した時のデメリットは?
養老保険に加入した時のデメリットは、保険の形態が終身保険ではないため、
一定期間以上の保障を得られていないという点が挙げられます。


メリットを知ろう

養老保険のメリットをまとめるとどういう点がメリットとして挙げられるんでしょうか?

関連エントリー

養老保険に加入するメリットは?