Top2008年07月25日 »

最新記事【2008年06月17日】

.

郵便局の養老保険には、万が一のときの保障と、貯蓄を兼ねているという特徴があります。 郵便局の養老保険は、大きく2つに分けられます、
まず、新フリープランというプランについて説明してみましょう。

新フリープランは、満期時に、契約の保険金額を受け取ることができ、
満期の年齢も10~80歳までと幅広い期間で選ぶことができます。

満期時に満期保険金を受け取れることから、
貯蓄を兼ねて加入する人も多い、人気の高い養老保険です。

特約保障の付加により、さらに、事故や病気での入院や手術の際の保障も得られます、
新フリープランは、養老保険に加入中に死亡した場合の満期保険金が、
2倍になる2倍保障型、5倍になる5倍保障型、10倍になる10倍保障型もあります。

また、郵便局の養老保険には、新一病壮健プランという慢性疾患の治療中であっても、
日常生活に支障がないとみなされる人が加入できるプランもあります。

慢性疾患とは、糖尿病や高血圧を患っている人やガンを患ったことがある人でも加入できるため、
今まで、病気を理由に保険に加入できなかった人も加入できることで、
とても人気の高い養老保険です。

加入可能な保険金額は100~500万で、保険期間は10年、加入年齢は40~60歳で、
満期には満期保険金を受け取ることができます。

加入可能な病気と症状には制限があり、
病気は、糖尿病、高血圧症、がんまたは肉腫と決められています。

また、症状は、糖尿病と高血圧症は通院または投薬治療によって
血糖値または血圧値が良好にコントロールされていることが条件となり、
がんまたは肉腫は、根治手術を受け5年以上経過し完治したとみなされることが条件となります。


↓↓その他のお勧め保険プランはこちら↓↓

チューリッヒ生命『ガン診断保険』
1872年の創業以来、130年以上の伝統と実績を誇る世界有数の保険機構、チューリッヒ・ファイナンシャル・サービシズ グループ。(以下のプランは35歳男性の場合)
商品名 月額支払い 期間 受取年金総額 商品特徴
11,160 円 65 才 最高500 万円 50歳以下の方、チャンスです。ガンと診断されなかった場合、保険料の負担が実質0円になります。



.

JAの養老保険には、養老生命共済と、一時払生存型養老生命共済があります。 JAの養老保険のひとつである養老生命共済は、
被保険者が死亡した場合、第一級後遺障害状態または重度要介護状態になった場合の
保障と貯蓄性とを兼ね備えている養老生命共済です。

被保険者が死亡した場合にも保障があるとともに、
養老生命共済の満期時に満期共済金が支払われるため、貯蓄性もあります。

また、被保険者が重度の要介護状態になったときに、
死亡した場合と同様の保障が受けられるという特徴があります。

また、JAの養老生命共済の特約は、
死亡または第一級後遺障害状態または重度要介護状態の保障を充実させるための特約として、
定期特約、生活保障特約、逓減定期特約を付加することができます。

さらに、医療保障を充実させるための特約として、
全入院特約、通院特約、三大疾病前払特約を付加することができます。

また、災害に対する保障を充実させるための特約として、
災害給付特約、災害死亡割増特約を付加するなど、さまざまな特約を付加することができます。

JAの養老保険のひとつである一時払生存型養老生命共済たくわえーるは、
加入時に医師の審査が不要であるという特徴があります。

そして、契約時の市中金利に応じ、毎月の予定利率が設定されるため、
契約の全期間の予定利率が加入時に確定するため、将来受け取る満期共済金の金額が明確になります。

将来受け取る満期共済金の金額が明確になるため、
将来の生活設計も立てやすく、5年または10年の一定期間において、死亡保障をつけることができます。

また、JAの一時払生存型養老生命共済たくわえーるは、
共済金を年金として受け取ることができる特約として、共済年金支払特約を付加することができます。


↓↓その他のお勧め保険プランはこちら↓↓


東京海上日動あんしん生命『個人年金保険』
東京海上日動あんしん生命は、ミレアグループの一員として、明日への大きな「あんしん」をお届けします。(以下のプランは35歳男性の場合)
商品名 月額支払い 期間 受取年金総額 商品特徴
10,000 円 60 才 4,293,700 円 10年間毎に決まった年金と、5年毎に配当金をもらえます。
死亡保障付の安心プラン



.

保険会社各社から、さまざまな特徴を持った養老保険が販売されています、
具体的にどのような種類の養老保険があるのでしょうか。
たとえば、かんぽ生命では、
最長30年間加入できる普通養老保険、死亡時の保障を2倍、5倍、10倍に設定できる特別養老保険、
特定の慢性疾患の持病がある人でも特定養老保険の3種類の養老保険があります。

また、一時払養老保険は、多数の保険会社から販売されていますが、
加入時に一括して保険料を支払うため、
月々保険料を支払うよりも保険料が割安になるというメリットがあります。

養老保険と定期保険を組み合わせた定期付養老保険は、
付加する定期保険の特約の保険期間によって、
全期型、更新型、限定期間型の3つに分けられます、定期保険を組み入れる期間を選択できるので、
比較的自由度が高いタイプの養老保険です。

また、定期付養老保険に生存給付金が受け取れたり、
保険期間中に定期的一時金が受けと取れたりと、さまざまな商品があります。

保険会社によって付加できる特約の内容は異なりますが、
かなり多くの種類の特約を付加できる養老保険もあり、養老保険の加入期間中は、
保険を1本化したいと考える人にはメリットがある場合もあります。

ただし、養老保険の期間満了と同時に、付加している特約の効果もなくなるため、
慎重に検討する必要があります。

養老保険は、付加できる特約によっても種類がかなり多くなります、
また、利差配当付きの養老保険は、配当が必ず保障されるものではありませんが、
保障に加え、金融商品の意味合いもやや強くなります。


↓↓その他のお勧め保険プランはこちら↓↓

アメリカンホーム・ダイレクト『新・積立総合保障プラン』
「世界規準の安心を合理的な保険料で」がモットー。(以下のプランは35歳男性 職業タイプA級職の場合)
商品名 月額支払い 保険 死亡時受取金 商品特徴
4,070 円 5 年 1,000 万円 積立と医療保障、両方受けたい方必見!年齢に関係なく、保険料は月々4,070円



.

養老保険は、死亡時に受け取る死亡保険金と、
満期時に受け取る満期保険金が同額という保険で、予定利率によっては、
支払う保険金よりも満期保険金が多いこともあります。
そのため、保険よりも、貯蓄として考える人も多く、資金の運用で養老保険に加入する人もいます。

養老保険は、満期に受け取る満期保険金が高いほど、月々支払う保険料も多くなります、
そして、養老保険の保険料はほかの保険と比べてもかなり高額であるといわれています。

養老保険の保険料は、毎月支払う月払いや、
年払い、一時払いなど、支払い方法を選ぶことができます。

養老保険を一時払いすることで、保険料は割安になります、
予定金利によっては、支払う保険金よりも満期保険金が多くなり、
使う予定のないまとまったお金を持っている人にとっては、
金融商品代わりとしてのメリットもあります。

また、保険期間が5年以上の養老保険の満期保険金を受け取った場合の課税は
一時所得あつかいになり、税制上もメリットがあります。

ただし、保険期間が5年以下の場合、5年未満で解約した場合には、
受け取った満期保険料と払い込んだ保険料の差額に対して、20%の分離課税になるため、
払い込み期間や解約するタイミングには注意が必要です。

金融商品としてではなく、あくまでも保障と貯蓄を兼ねた保険として養老保険に加入する場合でも、
金銭的に余裕があるならば、一時払いすることで、
支払う保険料の金額が安くすむというメリットがあります、
さらなる保障を必要とする場合には、特約などの検討をおすすめします。


↓↓その他のお勧め保険プランはこちら↓↓


アフラック『個人年金』
個人保険分野の加入件数がNo.1のアフラックは、高い経営の健全性を維持しながら、さらなる進化と成長を続けています。(以下のプランは25歳/男性 60歳払済/60歳年金支払開始/5年確定年金個別取扱の場合)
商品名 月額支払い 期間 受取年金総額 商品特徴
10,000 円 60 才 4,945,550 円 老後の生活資金を、積立感覚で準備できます。見積もりは25歳男性、60歳払い済のケースです。



.

定期付養老保険とは、養老保険と定期保険を組み合わせた保険で、
保険商品によってさまざまな特徴があります。
定期付養老保険は、
養老保険に付加されている定期保険の特約の保険期間によって3つのタイプに分けられます。

まず、全期型の定期付養老保険について説明します、
この養老保険は、養老保険の加入期間の全期間にわたって定期保険特約を付加することができ、
支払う保険料も、全期間にわたって一定となります。

また、更新型の定期付養老保険は、養老保険の保険期間よりも、
定期保険の保険期間のほうが短く設定されています、
そして、定期保険の保険期間が満了した時点で、更新するかどうかを決めることができます。

更新する場合には、更新時の年齢で保険料が再計算されるため、
更新前の保険料に比べると高くなります。

そして、限定期間型の定期付養老保険は、養老保険の保険期間よりも、
定期保険の保険期間のほうが短く設定されています、
ただし、更新型の定期付養老保険とは異なり、更新することはできません。

定期型養老保険は、上記のように、
養老保険に付加する定期保険の特約の保険期間によって分けられますが、
各保険会社などが提案する定期型養老保険のプランによって、
さまざまな特徴が付加されています。

たとえば、一例を挙げると、特約つきで5年ごとに利差配当が受け取れる、
特約と配当を付加した定期型養老保険もあります。

また、特約つきで5年ごとに利差配当が受け取れるとともに、
定期保険の特約の保険期間が満了するまで、
数年ごとと満了時に生存給付金が受け取れる、
特約と配当と定期配当を付加した定期型養老保険もあります。

このように、定期型養老保険はさまざまなタイプのものがあります、
適宜特約を付加して自分で組み立てることも可能ですので、
定期型養老保険に加入する際は、既存の定期型養老保険商品と
自分希望する特約などをあわせて検討してみることをおすすめします。


↓↓その他のお勧め保険プランはこちら↓↓

アフラック『個人年金(65歳年金支払開始コース)』
個人保険分野の加入件数がNo.1のアフラックは、高い経営の健全性を維持しながら、さらなる進化と成長を続けています。(以下のプランは 25歳 男性 60歳払済/65歳年金支払開始/5年確定年金個別取扱の場合)
商品名 月額支払い 期間 受取年金総額 商品特徴
10,000 円 60 才 5,336,150 円 60歳払い済み、65歳からの年金支払い開始の場合です。見積もりは25歳男性、60歳払い済のケースです。



.

普通養老保険とは、かんぽ生命の養老保険商品のひとつで、新フリープランという商品があります。
普通養老保険新フリープランとは、加入年齢が0歳~70歳までで、
保険期間も10年から最長30年まで、保険金額は15歳未満100万円~700万円、
16歳以上100万円~1000万円までと、とても自由度の高い養老保険です。

また、普通養老保険新フリープランには、
災害特約の付加、障害入院特約、疾病入院特約、疾病障害入院特約の3つのうちから
いずれか2つまでの特約を付加することもできます。

普通養老保険新フリープランは、0歳からの加入が可能であるため、
ライフステージにあわせて、金額や期間を自由に決められ、
たとえば、お子さんであれば、中学入学時、高校入学時、大学入学時、
成人式などにあわせて保険期間を定め、その期間まで貯蓄と保障の両方を得ることができます。

かんぽ生命の学資保険は、15歳満期、18歳満期など、ある程度満期の年齢が決まっていますが、
普通養老保険新フリープランの場合は加入時の年齢によって、
自由に満期を選べるというメリットがあります。

普通養老保険新フリープランは、10年単位で最長30年加入できるため、
何度かに分けて加入することもでき、満期時を迎えたときに継続することもできます。

年齢が低いうちに加入できることで、掛け金が少なくてすむというメリットもあります、
加入年齢や保険金額によっては、ほかの保険と組み合わせて保障することもでき、
普通養老保険新フリープランに特約をつけ保障を手厚くすることもできます。


↓↓その他のお勧め保険プランはこちら↓↓

太陽生命『My年金』
太陽生命の保険は一生涯の医療保障を死亡時の保障にプラスした入院から万一の場合まで幅広くカバーします。 (以下のプランは35歳男性の場合)
商品名 月額支払い 期間 受取年金総額 商品特徴
9,850 円 65 才 約575 万円 老後の資金を充実した価格で集めたい人へ。



.

特別養老保険とは、かんぽ生命の養老保険商品のひとつです、
特別養老保険は、新フリープラン2倍型、新フリープラン5倍型、
新フリープラン10倍型の3つの商品があります。
これらの特別養老保険の新フリープラン2倍型、新フリープラン5倍型、新フリープラン10倍型は、
被保険者の生存中に保険期間が満了した場合には、通常の養老保険と同様に満期保険金が支払われます。

特別養老保険の大きな特徴は、
被保険者が保険期間中に死亡した場合に支払われる死亡保険金が増額されるという点です。

新フリープラン2倍型であれば、満期保険金の2倍の金額が、
新フリープラン5倍型であれば、満期保険金の5倍の金額が、
新フリープラン10倍型であれば、満期保険金の10倍の金額が死亡保険金として支払われます。

このように死亡時の保障を重視したかんぽ生命の養老保険商品のことを特別養老保険といいます。

特別養老保険は、死亡時の保障を重視しているほか、
災害特約の付加、障害入院特約、疾病入院特約、疾病障害入院特約の3つのうちから
いずれか2つまでの特約を付加することもできます。

新フリープラン2倍型の加入年齢範囲は15~65歳、
新フリープラン5倍型の加入年齢範囲は15~60歳、
新フリープラン10倍型の加入年齢範囲は15~55歳までと決められています。

死亡保障を手厚くする特別養老保険を選択する場合には、
加入時の年齢なども考慮して、どのプランを選ぶかじっくり検討して決める必要があります。


↓↓その他のお勧め保険プランはこちら↓↓


.

特定養老保険とは、かんぽ生命の養老保険商品のひとつで、新一病壮健プランという商品があります。
特定養老保険新一病壮健プランは、慢性疾患の治療を受けている人でも、
日常生活を支障なく送ることができる人を対象とした養老保険です。

また、通常の養老保険と同様に、被保険者が生存中に保険期間が満了した場合には満期保険金を、
被保険者が保険期間中に死亡した場合には死亡保険金が支払われます。

特定養老保険新一病壮健プランの対象となる病気は、
糖尿病、高血圧症、がんまたは肉腫に限定されます。

糖尿病の場合は、通院や投薬治療によって、
血糖値が良好にコントロールされていることが保険加入の条件となります。

また、高血圧症の場合は、通院や投薬治療によって、
血圧値が良好にコントロールされていることが保険加入の条件となります。

そして、がんまたは肉腫の場合は、
がんまたは肉腫の根治手術を受けてから5年以上経過し、
かつ現在治っていると考えられることが保険加入の条件となります、
ただし、ここでいう根治手術は、放射線照射のみの治療は含まれません。

また、特定養老保険新一病壮健プランには、
災害特約、傷害入院特約の2つに限り、特約を付加することもできます。

特定養老保険新一病壮健プランの加入年齢は40歳~65歳までで、
保険期間は10年となります、また加入できる保険金額は100万円~500万円です。

特定養老保険新一病壮健プランは、今まで持病が原因で保険に加入できなかった人でも
一定の条件を満たせば保険に加入できるという保険商品です。


↓↓その他のお勧め保険プランはこちら↓↓




.

養老保険には、さまざまな特徴をもつ養老保険があります、
たとえば、利差配当を受け取ることができる貯蓄の要素もあわせもつ養老保険や、
特定疾患を患っている人でも加入できる養老保険など、
数多くの養老保険商品が、各保険会社などから発売されています。
各社で発売されている養老保険の中から
どれを選んだらいいのか悩んでしまう方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

養老保険を比較する方法のひとつとして、
保険の比較サイトを利用してみることをおすすめします。

保険の比較サイトもいくつかありますが、
たとえば、希望する条件を選び、該当する養老保険を絞り込み、
各保険会社などに、一括して資料請求ができるサイトもあります。

自分が加入したい養老保険に何を求めるかということを明確にしておけば、
希望する条件を選択しやすく、自分が加入したいと考える養老保険に近い
養老保険商品のパンフレットを入手することができます。

また、どういう特色を持つ養老保険を選んだらいいのかわからない場合には、
特定の保険会社の養老保険商品のパンフレットを全種類見比べてみることをおすすめします。

保険会社1社あたり取り扱う養老保険商品の数は、それほど多くはありません、
たとえば1,2社分の養老保険商品のパンフレットを見比べて、
自分が加入したいと思う養老保険を選び、それから、その条件に基づいて、
保険の比較サイトから、各保険会社に一括して資料請求を行うという方法もあります。

多少の手間と時間はかかりますが、養老保険は掛け金も高く、
保険の加入期間も長期にわたる場合が多いので、
慎重に比較して、自分にとってよりよい養老保険を探してから加入することをおすすめします。


↓↓その他のお勧め保険プランはこちら↓↓




.

現在加入中の養老保険を解約しようかどうか悩んだとき、
何をポイントに解約すべきか継続すべきかを決めればよいのでしょうか?
養老保険の解約は、保険の加入時期、加入期間、特約の有無、ほかの保険の加入状況など、
さまざまな要件を検討する必要があります。

最近は予定利率が低くなり、かつての養老保険のように金融商品的なメリットは少なくなり、
加入時期によっては満期保険金が支払った保険料を下回る、元本割れの場合もあります。

たとえば、予定金利が低い時期に加入した養老保険であれば、
まず解約払戻金を確認して、元本割れの金額を計算し、
満期まで払い続けた場合との差額を計算してみることをおすすめします。

差額が少ないようであれば、養老保険を解約することによるデメリットは少ないともいえます。

逆に予定金利が高い時期に加入していて、残りの加入期間が少ない場合には、
解約して解約払戻金を受け取るよりも満期まで待って
満期保険金を受け取ったほうがいい場合もあります。

また、ほかに医療保険などに加入していない場合で、
養老保険に特約をつけている場合は、養老保険を解約することで、
特約も一緒に解約されてしまうことを考える必要があります。

養老保険の予定利率の低い時期に加入し、ほかに医療保険などにも加入している、
解約する理由が保険料の負担などの場合は、
解約を選んでもデメリットはほとんどないといえます。

解約払戻金などは、保険会社に問い合わせると計算してもらえますので、
養老保険の解約を検討する場合は、まず一度問い合わせることをおすすめします。

そして、養老保険の特約の有無やほかの医療保険などの加入状況によって判断するのも
解約すべきかどうかを決める1つの方法であるといえます。


↓↓その他のお勧め保険プランはこちら↓↓

チューリッヒ生命『ガン診断保険』
1872年の創業以来、130年以上の伝統と実績を誇る世界有数の保険機構、チューリッヒ・ファイナンシャル・サービシズ グループ。(以下のプランは35歳男性の場合)
商品名 月額支払い 期間 受取年金総額 商品特徴
11,160 円 65 才 最高500 万円 50歳以下の方、チャンスです。ガンと診断されなかった場合、保険料の負担が実質0円になります。



.

養老保険に加入する一番のメリットは、
保険の満期時に、死亡保険金と同額の満期保証金を必ず受け取ることができるということです。
月々に支払う保険料の金額は、各保険会社が決めた予定利率によって決まります、
予定利率とは、それぞれの保険会社が保険契約者に対して、定める運用利回りのことをいいます。

予定利率が高ければ高いほど、契約者には保険料が割り引かれるというメリットがあります。

養老保険は、加入時期や予定利率によっては、
かなり高利率で貯蓄するのと同様のメリットがあるため、
貯蓄に万が一のときの保障もプラスされた養老保険は、
かなりメリットのある保険として人気があります。

現在の予定利率はあまり高くありませんが、
かつては、予定利率を見て一時払することで、払い込む保険料よりも受け取る保険料が多いこともあり、
一時払養老保険が、保険としてではなく、金融商品としてのニーズが高かった時代もありました。

予定金利は低くなりましたが、最近では、
養老保険の種類も増え、特約で保障を増やせる養老保険や、
今まではなかなか保険の加入が難しかった、糖尿病や高血圧症の人や、
がんなどにかかったことのある人でも加入できる養老保険も増えてきました。

最近の社会情勢では、養老保険の加入で大幅な利殖は期待できないものの、
満期時に死亡保険金と同額の満期保険金が支払われるというメリットは大きく、
特約やほかの保険などを組み合わせて養老保険に加入する人も多く見られます。


↓↓その他のお勧め保険プランはこちら↓↓


東京海上日動あんしん生命『個人年金保険』
東京海上日動あんしん生命は、ミレアグループの一員として、明日への大きな「あんしん」をお届けします。(以下のプランは35歳男性の場合)
商品名 月額支払い 期間 受取年金総額 商品特徴
10,000 円 60 才 4,293,700 円 10年間毎に決まった年金と、5年毎に配当金をもらえます。
死亡保障付の安心プラン



.

養老保険に加入した時のデメリットは、保険の形態が終身保険ではないため、
一定期間以上の保障を得られていないという点が挙げられます。
養老保険の掛け金は、被保険者の保険加入年齢と予定利率によって異なりますが、
加入年齢が低いほど、掛け金も低く、加入年齢が高いほど、掛け金も高くなります。

早い時期に加入すると掛け金は低くてすみますが、
満期を迎える年齢も低くなります、そのため、
養老保険のみに加入している人は養老保険が満期を迎えると、
保障がなくなってしまうということになります。

養老保険の保障は死亡保障ですが、特約で入院や手術などの保障をつけている人も、
養老保険の満期と同時に、その医療保障がなくなってしまいます。

養老保険の満期を迎えてから新たに保険に加入すると、
年齢によってはかなり掛け金が高くなってしまうというデメリットもあります。

また、かつては、貯蓄や金融商品並みまたはそれ以上に利殖率の高かった養老保険も、
最近の予定利率の低さで、満期時までに支払う保険金の合計金額と
満期時に受け取る満期保険金を比べた際に、
支払った保険金のほうが少ないということもあります。

このことからも、加入時期によっては、受け取る満期保険金が少なくなるというデメリットもあります。

また、養老保険の掛け金は、ほかの保険に比べて高額のため、
長期間にわたって高額の保険料を支払い続けなければならならず、
そして中途解約した場合、戻ってくる解約払戻金は、
ほかの保険と同様に支払った保険料よりも少なくなります。


↓↓その他のお勧め保険プランはこちら↓↓




養老保険 どれを選べばいいの?各保険会社の特徴と見積もりを一括表示!

養老保険(積立保険)、本当に安心できるプランを探しましょう!無料で資料請求が出来るプランを各社取り揃えました!また、保険のプランを、わかりやすく特徴と見積もりを表示しています。養老保険の人気プラン別にも紹介!